スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダメンズ点蔵×バカの女装×正純のターン! 境界線上のホライゾンⅡ第7話感想

ども来週から働けそうなCBです。仕事始めてもま~たり更新していくんでよろしく!

それでは今日はアニメの感想、まずはホライゾンから
474646_20120403_13_kh02_l_03s_20120802011127_20120819175538_20120823201554.jpg
第7話『広間の語り部』

前回、キズ有り=ダブルブラッディメアリーと言う事実を知った点蔵
h7.jpg h7 (1) 
h7 (3)  h7 (2)
おまけにメアリの双子の妹 女王エリザベスの元に神の盾符の面々が集結!事態は緊迫します

驚愕する点蔵、そしてメアリの目には涙がΣ(゚д゚lll)
h7 (4)  h7 (5)
真実を知られたくなかった・・・メアリの思いを考えると胸が痛みます
そして、点蔵のダメンズっぷりが大分ムカつく(怒)
h7 (6) h7 (7) 
h7 (8) h7 (9)
女の子がココまでしていてノータッチ?いくら立場の差&メンツがあれどさぁ
おまけに手前勝手な理由で諦める?モテない男ならもがけや(`・ω・´)ゴラッ

更に処刑の真実を知ってから追いかけるもウオルターに瞬殺
 h7 (10) h7 (11)
今回、全くいいトコロないわァ点蔵 orz

まぁウオルターも強者なんでしょうが
h7 (12)  h7 (13)
なにせ物理的に分身?しますからねぇ おまえはF91か(爆)

で点蔵ですがトーリたちが駆けつけたので大丈夫?
h7 (14) h7 (15) 
原作者曰く回復の術式があるから皆コレくらいなら動じないらしい
恐いわぁこの世界観((((;゚Д゚))))


あと八咫烏のミルトンは有能なのかな?
h7 (16) h7 (17) 
神の盾符にも彼の枠があるらしい・・・今更、種族やらなんやら言うつもりがないが
浅間の弓からトンズラした彼が有能だとは思えない(爆)



そして、続けて待・望のネイトのターン!狼祭りじゃ~♪
h7 (18) h7 (19) 
h7 (20) h7 (21)  
(o ̄∇ ̄o) お約束♪ お約束♪

しかし、ネイトを気遣いマニキュア塗ったりトーリも流石ですなぁ
h7 (22) h7 (23)
h7 (24) h7 (25)
コレはモテでもしょうがねえわ( ̄◇ ̄;)
しかし・・・ココでの化粧テクが後の伏線になるとわ!


続いてセグンドさんのパート
h7 (26) h7 (27)
チェスの3面打ちとか半寿族への優しさとか 本当は出来る!優しい人間だというのがよくわかりますねぇ


そして、舞台は武蔵と英国の会談へ
h7 (28) h7 (29) 
その最中、ホライゾンの傍から紛失中だった悲嘆の怠惰が Σ(゚д゚lll)

どうやらホライゾンは色々とアイテムを収納したり、チャットする機能を手に入れたらしい
えぇ~とつまり 誾さんの大砲とかと同じ機能かな?

あと個人的に気になったのはこの件
h7 (30) h7 (31) 
何でみんなココまで慌てたのか・・・大分日が経ってたから?

そんな最中、謎の貧乳美女が現る? 絹糸のような肌、美しいたたずまい・・・と思ったら
h7 (32) h7 (33)
 h7 (35) h7 (34)  
h7 (36) h7 (37)  
その正体はトーリ馬鹿でした(爆)
詐欺だコレーΣ(゚д゚lll) と言うか日常的に女装してるからあんな化粧テク持ってるのか?
ともかく大事な怪談の間・・・馬鹿は全裸に剥かれて監禁。
全裸にする理由があるのか聞いときたいわ(笑)



そして、英国との会談が始まります。
h7 (38) 
ココからは正純とエリザベスの一騎打ち!?
h7 (39) h7 (40) 
ゆかりさん(*´▽`*)ハァハァ ココでもチャットが飛び出しますがコレがホライゾン世界的には普通なのかな?
そして、チャットでも『・・・・・・』なウオルター それ参加した意味あるの(;゚Д゚)!

それにしても今回の正純はノリノリ?
h7 (41) h7 (42) 
コレが噂のウォーモンガーか(爆)

まぁ冗談?ですが一触即発の総長連合と神の盾符を制したり
h7 (44) h7 (43) 
武蔵の出港準備をして交渉を有利に進めるなどヤリ手をアピール!?
h7 (45) h7 (46)
まぁソレが原因でエリザベスを怒らせるんですがね(苦笑) 
h7 (47) h7 (48) 
月光蝶だコレー(;゚Д゚)!
ココは是非DVDではシロジロがコメンテータリーで『絶好調~!』とか行って欲しい(爆)

まぁその後も正純が奮闘して交渉は無事終了?
h7 (51) h7 (52)
と思ったらココで三征西班牙 が乱入 Σ(゚д゚lll)
h7 (53) h7 (55) 
h7 (56) h7 (54)
誾さんとベラスケスの2人が両国の会談に待ったを掛けます
h7 (58) h7 (57) 
会談の中継を見守っていたセグンドさん・・・全ては彼の作戦なのか?
h7 (59)
ラストに謎のイケメンが出て来て次回へ


あっ!それと忘れていたこの2人
h7 (49) h7 (50) 
教皇総長イノケンティウスとガリレオ
このオッサン ノリノリである( ̄◇ ̄;)
あんだけ武蔵とやりあって同盟とかナニこのオッサンwww

ともかく次回からどうなるのか?未読組には解らないからこそ楽しめたりする。
まぁ~気掛かりなのは 点蔵の復権はなるか? それではホライゾンの感想はココまで
あと追記:直政のドレスが凄いエロかった(爆)

スポンサーサイト

テーマ : 境界線上のホライゾン
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎境界線上のホライゾンII第7話『広間の語り...

クロス:キズアリ殿、あなたがメアリー様でござったか。 キズ:ジャッジ、メアリーチューダーです。 :双子の姉妹だったんです。メアリーシチュアートの名を頂いたのも...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そのワカメは多分、全裸がコカンに乗せたやつだから…
そして保存しているホライゾンの勇気は賞賛に値する(ぇ

Re: No title

> そのワカメは多分、全裸がコカンに乗せたやつだから…
> そして保存しているホライゾンの勇気は賞賛に値する(ぇ

あぁ成程!まぁ普段からダイレクトに触ってる分抵抗はないのかもしれませんが・・・“わざわざとっておく”と言う発想はなかった(笑)

No title

点蔵がメアリのキスの促しを拒んだのは、一時の感情に流されるのは極東と英国に
とってのトラブル、歴史再現の妨げになると思ったからと、この時まだ点蔵は
処刑の真実を知らないのでメアリ処刑の歴史再現が終われば、メアリは襲名から
引退して自由の身になっていてまた来年に会えるのではないかと思ったからですね。
でもメアリの様子から直感的に行かせては駄目だとは、鈴に言われる前に
感じたようですが。

会議中でも表示枠でのチャットをしているのは臣下が人前で主君に耳打ちする事の
グレートアップバージョンではないでしょうか?

武蔵とは敵対しているのにK.P.A.Italiaの教皇総長が貿易同盟に
参加しようと思ったのは武蔵の貿易同盟が有効な価値を持つのは一時的で
同盟に参加する国が増えれば武蔵の航路も煩雑になり以前と大差がなくなる。
そして各国の航空技術が発展し貿易の校則法が整備されれば各国はまた武蔵と
敵対関係に戻る。しかしそれまでの間に利益を得ておくことをためらう理由はないと
考えたからです。正純は貿易同盟自体の価値が短期的なものである事は理解して
提案しています。最終的な目標は長期の成功ではなく、強国に短期的な成功の恩恵を与え、
外界への干拓を促すことです。

ウォルター・ローリーの正体は尼子十勇士の一人、山中・幸盛(または山中・鹿助)。
山中は武士というよりは忍者に近い働きをした人物だと言われています。
その為か、境ホラの山中は居合の他、影に潜む忍術や自らを一時的に二分割する分身も
使う達人です。点蔵も進行方向を誤認させるフェイントを使ったが、
元々点蔵は諜報が本来の役割、正面からの一対一の戦いは得意ではない。
二人の戦力差と不意を突かれてしまった事を考えれば、点蔵が勝てないのは
仕方がありません。

ミルトンは情報型走狗のモデルとなった霊獣型走狗で拝気の蓄積と供与ができます。
それにミルトンは英国に来る前は極東のある人物を襲名していたので
結構すごいやつなんですよ。まあ、エリザベスがミルトンに席があると言ったのは、
それよりも単にエリザベスが鳥を好きだという事みたいですけど。

トーリがネイトにマニキュアを塗ったのは人狼系の種族は爪の中にも神経が
通っているので治療として割れた爪をマニキュアで固定していたのです。
どうもトーリは普段から喜美の足にマニキュアを塗るのをやらされていたようです。

ホライゾンが新しい能力を手に入れたのは、自己開発型アップデート機能によるものの
ようです。ただしホライゾンの場合はセキュリティを無視してチャットに割り込む等、
能力が半端ないです。さすがは大罪武装の製作者松平元信の作った自動人形と
言うべきなのでしょうか?

トーリが正純のドレスを着ていたのは、原作によると正純がトーリ用の衣装を
自分のものと間違えたのが発端のようです。正純が着ていた白い服の方が本来の
トーリの正装です。白と黒でホライゾンの黒のドレスと対になるはずだったのです。
考案は喜美、喜美はああいうファッション感覚については鋭いのです。
ホライゾンの衣装もエリザベスが聖譜記述によれば黒を好みつつ、自分は金のドレスを
多用したので主を立てる客としての選択なのです。飾りの椿も欧州には無い華であり、
極東を象徴する華という意味合いがあるのです。細かい、細かいよ、境ホラ。

会議の前に武蔵は英国によって、出航差し止めと貿易の一時休止通告を受けていました。
燃料の補給を最後に回しその上で貿易の休止を行う事で合法的に
英国は武蔵の出航を妨害しようとしたのです。
英国が武蔵の出航を止めたのは武蔵が英国と同等の立場で出ていかれるのは、
聖連が許さないだろうとの判断が一因です。

エリザベスとメアリは人間と妖精のハーフであり、母アン・ブーリンの襲名者には
ケルトの妖精王族が選ばれました。
妖精族は存在が高度になるにつれ、物体として現実側にアクセスできなっていく。
だから妖精族は種として定期的に人と交わる。
そして生まれる子供は強力な精霊術の能力を持ち、両世界に君臨できる存在になる。
エリザベスの光翼は彼女の内燃拝気の表れ、その力は英国全土に影響を
与えられるほど強大です。もしあの場で武蔵メンバーを攻撃するつもりがあったら、
皆消し炭にされていたかもしれません。

Re: No title

いつもコメントありがとうございます!

> 点蔵がメアリのキスの促しを拒んだのは、一時の感情に流されるのは極東と英国に
> とってのトラブル、歴史再現の妨げになると思ったからと、この時まだ点蔵は
> 処刑の真実を知らないのでメアリ処刑の歴史再現が終われば、メアリは襲名から
> 引退して自由の身になっていてまた来年に会えるのではないかと思ったからですね。
点蔵がとった行動は『正しい』とは思うんですが それでもメアリは抱きしめて欲しかったんだろうなぁ~
と思ってしまうのがむず痒いですねぇ


> 会議中でも表示枠でのチャットをしているのは臣下が人前で主君に耳打ちする事の
> グレートアップバージョンではないでしょうか?
成程、納得です。あの悪ノリは置いといても合理的なワケなんですね


> 正純は貿易同盟自体の価値が短期的なものである事は理解して 提案しています。
> 最終的な目標は長期の成功ではなく、強国に短期的な成功の恩恵を与え、
> 外界への干拓を促すことです。
あぁ~ノリで動いてるかと思ったら総長も考えてるんですねぇ(笑)

> ウォルター・ローリーの正体は尼子十勇士の一人、山中・幸盛(または山中・鹿助)。
> 二人の戦力差と不意を突かれてしまった事を考えれば、点蔵が勝てないのは
> 仕方がありません。
つまり、悲しいかな点蔵の敵う相手ではなかった・・・と



> ミルトンは情報型走狗のモデルとなった霊獣型走狗で拝気の蓄積と供与ができます。
> それにミルトンは英国に来る前は極東のある人物を襲名していたので
> 結構すごいやつなんですよ。まあ、エリザベスがミルトンに席があると言ったのは、
> それよりも単にエリザベスが鳥を好きだという事みたいですけど。
鳥が好きとは意外な一面ですねwww
あとミルトンが凄い奴だというのは理解しました!

> トーリがネイトにマニキュアを塗ったのは人狼系の種族は爪の中にも神経が
> 通っているので治療として割れた爪をマニキュアで固定していたのです。
> どうもトーリは普段から喜美の足にマニキュアを塗るのをやらされていたようです。
あぁ~ツイッターでもそんなやり取り結構してますねぇ~化粧も芸人スキルの一環でしょうか?

> ホライゾンが新しい能力を手に入れたのは、自己開発型アップデート機能によるものの
> ようです。ただしホライゾンの場合はセキュリティを無視してチャットに割り込む等、
> 能力が半端ないです。さすがは大罪武装の製作者松平元信の作った自動人形と
> 言うべきなのでしょうか?
あぁ活躍の場こそ少ないが何実にホライゾンも反則級なんですね

> トーリが正純のドレスを着ていたのは、原作によると正純がトーリ用の衣装を
> 自分のものと間違えたのが発端のようです。正純が着ていた白い服の方が本来の
> トーリの正装です。白と黒でホライゾンの黒のドレスと対になるはずだったのです。
それが入るトーリも凄いですなぁ~別に違和感も少なかったしwww

> 考案は喜美、喜美はああいうファッション感覚については鋭いのです。
> 細かい、細かいよ、境ホラ。
流石、資料だけで紙の山が出来るだけありますね

> 英国が武蔵の出航を止めたのは武蔵が英国と同等の立場で出ていかれるのは、
> 聖連が許さないだろうとの判断が一因です。
政治的な都合なんですね

> エリザベスとメアリは人間と妖精のハーフであり、母アン・ブーリンの襲名者には
> ケルトの妖精王族が選ばれました。
> もしあの場で武蔵メンバーを攻撃するつもりがあったら、
> 皆消し炭にされていたかもしれません。
強さも別格な理由なんですねぇ~流石、英国の象徴ですな
プロフィール

CB

Author:CB
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
844位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
169位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。