スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネギま!のキャラについて喋る(12)釘宮円

ども、お昼からカラオケに行くCBです。とりあえず一緒に行くメンツ的にはアニソンが基本になるかなぁ~
では今日の本題、彼女の扱いも本当に残念・・・


madoka_birth2.jpg
出席番号11:釘宮円
えぇ~とネギま!終盤の急展開で出番的な被害者?チア部3人組の男前担当。
その気の強さや亜子への気遣いなど少ない出番ながら魅力はいっぱい。

29e2882707a35fb13a304682fff5ccc5.jpg
そして、前々から立てていた小太郎とのフラグが本格的に・・・動き出そうとしたらこの惨状だよ!!!
いや、相手が悪すぎたんだけどさ・・・同じフラグの積み重ねでもアチラはレベルが違う(涙)
しかし、小太郎への想い・・・と言う描写は美味く料理されていたなら更に彼女を輝かせ、人気アップに繋がっていたかもしれない。
『全ては急展開が悪いんや!!!』
本当に最終回の『黒髪の犬耳は目で追ってしまう・・・』の一文が泣ける、泣けるでー

スポンサーサイト

ネギま!のキャラについて喋る(11)絡繰茶々丸

どもCBです。本日はお出掛けするんで今のタイミングでの更新となりました。
では早速本題へ


tyatya.jpg
出席番号10:絡繰茶々丸
エヴァのパートナーでネギの秘書。秘書として ずぅ~とネギの傍のポジションをゲットした勝者。


ヒロインとして一番成長したロボっ娘です。人間的にも、魅力的にも
ただ、その分戦闘面では終盤のインフレに付いていけなくなり・・・アーティファクトもバ火力で使い所が難しすぎるし
ぶっちゃけ魔法世界編ではいつ爆破されるかとヒヤヒヤしたよ・・・ロボだから

20101202183156.jpg
まぁ~あんのじょう壊されましたがorz
でも、最悪の結果は避けられたのでよし。


しかし、上でも述べたとおり例えネギの本命が誰でアレ『秘書』であり
zza05.jpg
最終回でも毎日ネジを回してもらってるらしいし・・・毎日お楽しみか!!!

正直ねじ回しプレイは赤松先生でしか思いつかなかったと思う。
『赤松健・・・このオトコやはり天才!!!』


そして、量産化の茶々丸は一体いくらですか赤松先生!?
いや、そりゃ最初は軍用でしょうが・・・最終的には某ミサカみたいに一般人でも手の届くお値段に!
はっそうなるとネギま!世界では茶々丸の妹と結婚式挙げる一般人とかも・・・一体18万の完全な嫁!
あぁ~私も欲し(ry

ネギま!のキャラについて喋る(10)春日美空

どもP4のアニメ最終回が楽しみなCBです。
仕事があるので見るのは早朝ですが原作愛にあふれた素晴らしい作品なので最終回も安心。
・・・この安心感をネギま!アニメでも味わいたかったorz
と若干ブルーが入りましたが本日の本題、ブルーの似合わないお気楽シスター

misora.jpg
出席番号9:春日美空

misora2.jpg
3-Aでしかも魔法生徒でありながらも部外者を装う謎のシスター(笑)
アーティファクトやキャラ的に使いやすいのか麻帆良祭を機に出番増えたよね~
ネギに宿題を出したり何気に彼の成長に大きく絡んでるキャラ。
それでいて、部外者ゆえにヒロイン論争から外れ独自の道を行く一人

misora3.jpg
まぁ~ココネとのコンビで宜しくやってるのが一番いいしね。

なんだかんだで麻帆良を守る任務をこなしているらしいし優秀・・・なのかね?
あんまり活躍してるシーンを想像出来ないw

ネギま!のキャラについて喋る(9)神楽坂明日菜

ども、謎の体調不良のCBです。こんな時はご飯を食べて横に・・・なりたかったんですが やはり『彼女』の記事を疎かにしてはこの企画自体意味がなくなってしまうなぁーと言うことで早急に本題

asuna4.jpg
出席番号8:神楽坂明日菜

31人のメインヒロイン筆頭にしてこの漫画のもう一人の主人公。
ネギが表なら彼女は裏、陰と陽な関係の正にベストパートナー
とりあえず設定だけでも・・・劇中でに一人しかいない魔法無効化能力。世界の謎を握ってる。
ラスボスの血縁?や重すぎる過去と実に主人公
更にソコに逆境を切り抜ける精神力と・・・正直この漫画のジョーカーキャラの一人
完全にドコゾの主人公の上位互換だ・・・2人とも自称:年上好きだし。
彼女がネギの隣にいれば正に無敵!最強の矛と盾。
故に魔法世界編では囚われのヒロインに・・・
エヴァと違って動きを制限し辛いから仕方ないとはいえ、もっとどうにかならんかったのか・・・

asuna1.png

あと彼女と絡んだヒロインは魅力がアップするのもいい。エヴァ様、せっちゃん・・・明日菜が魅力を引き出してくれた


asuna3.jpg
終盤の展開で一番割を食ってしまった彼女。言ってしまえば(読者的に説明もなく)いきなり世界を守る犠牲になってしまった訳で・・・
もっと言うと彼女も彼女の中の黄昏の姫御子も本質的に救われてない・・・連載が終わらなければほかの道もあったんだろうか?

とりあえず物語を引っ張ったもう一人の主人公。しかし、最終回は台詞なし
白き翼、いやネギま!部の部長ですよこの子・・・忙しくても同窓会呼んでやれよ(泣)

『こんなの絶対おかしいよ!』

・・・いや、ほんとうにおかしい。この明日菜に対する扱いも批判の理由の一つだと思うし、何より直ぐ近くに平行世界もなんのそのなラスボス2人がいて神様?まで倒したっぽいネギパーティが彼女を救えないとかさぁー

ネギま!のキャラについて喋る(8)柿崎美砂

電子レンジは偉大・・・と実感するCBです。200円のエビピラフ(冷凍)が美味ぃ!

えぇーでは本日のヒロイン。多分、この漫画で一番不憫な子?

misa_birth2.jpg

出席番号7:柿崎美砂
えぇ~とチア3人組お姉ちゃんポジ。
夏美どころじゃない普通の人。多分、時系列が飛ばなくても今のポジをキープしたであろう人。
・・・明日菜の友人と言う描写がもっと濃ければ違ったんだろうか?
いや、多分変わらない・・・そんな人?
何せ3-A唯一の彼氏持ち(想い人いる子は他にもいるが)
特殊な能力なし、見かけも少しギャルっぽいが普通・・・コレで日本屈指の人外魔境なネギま!でどう活躍しろと・・・orz

misa2.jpg

まぁ~逆光源氏作戦発言とか。ネギの本命の有無を聞いたりとかはしてるが・・・

でも、伊藤静の無駄遣いと言う評価は酷い・・・と言いたい
しかし、確かにハヤテのヒナギクで一気にブレイクしたからなぁ~
否定したくても出来ないのが悲しい・・・せめて彼氏が魔法生徒とかなら本編に絡めたか?いや多分無理

ネギま!のキャラについて喋る(7)大河内アキラ

ども電子レンジを買ってきました。CBですw
寮住まいで自炊できませんがあったら便利ですし。
んな訳で、本日のヒロインはお嫁さんにしたい彼女!


akira2.jpg

出席番号6:大河内アキラ
大きくて、でも気が優しくて・・・何気に最高じゃね?
クラスメイト回はサイレント風と中々凝ってましたなぁ~

akira1.jpg

あん時見せた怪力を発揮できれば魔法世界でも活躍出来たろうに惜しい。
アーティファクトは水場限定のワープと凄い役立ちそうで使い辛いもの
やっぱ仮契約が一人遅れたのもソレが原因だったのかな・・・
ネギと地味にフラグの立ったヒロイン。

くそ!もっと連載が続けば・・・

ネギま!のキャラについて喋る(6)和泉亜子

色々あって徹夜でゲームをしてるCBです。いやねスパロボZ再世編発売まであと4週しないといけないんで・・・休みの日ぐらい徹夜でゲームしてもいいじゃない(爆)

では、本題。今日の主役の彼女は実質ネギま!後半で一躍メインとなったシンデレラガール!

ako.jpg

出席番号5:和泉亜子
画像は江戸前ネギ巻き寿司様より了承を得てお借りしています。

魔法世界編、VSラカン編のヒロイン。異論は認めない。
正直、あの段階でラカンと戦って勝つ必要あったのか今思うと疑問だけど亜子がヒロインしてたので許してしまう。
彼女の想い人だったナギはネギの仮の姿で恋破れ・・・そうだったけど結局ネギに想う所もあるらしい?
まぁ~実際7年後に成長したネギは彼女の初恋のナギそのまんまな訳で・・・そう思うと複雑だなぁ


ako2.jpg
あと背中の傷が伏線か・・・と思ったけど省かれてしまった(泣)
とりあえず完治してソレを機に留学を決意したらしいけど・・・果たしてソレだけか?
もしかしたらネギを追っかけて行った可能性が微粒子レベルで(ry

トサカとフラグが立ちそうだったのは多分気のせい。

ネギま!のキャラについて喋る(5)綾瀬夕映

抱きしめたいな!夕映っち!!!と言うことで本題(ォ

yue1.jpg
出席番号4:綾瀬夕映
画像は江戸前ネギ巻き寿司様より了承を得てお借りしています。


正真正銘の一般人(バカブラック)から作中最強魔法使いの主人公の弟子へと怒涛のクラスチェンジを遂げた恋する乙女
正に恋する乙女は無敵!
親友と想い人との狭間で揺れる乙女心や魔法世界での騎士団Epなどで作中でも屈指の勝ち組!!!

・・・最終回で初恋に敗れたのコメントさえなければ
でも、師弟の関係は永遠のものだし本人的にはイイのか?私は納得できないが

あとファイトスタイルならしょうがないが、唯でさえおしっこキャラなのにあんなにドーピングすると・・
yue2.jpg
もういっそオムツする?オムツをした魔法少女って斬新じゃねw

ネギま!のキャラについて喋る(4)朝倉和美

ども給料日で嬉しいCBです。
使い道はありませんがソレでも1ヶ月働いた努力の証・・・と思うと非常にありがたい。
そんなこんなで本題。


あさくら
出席番号3:朝倉和美
画像は江戸前ネギ巻き寿司様より了承を得てお借りしています。


さよちゃんの相方。ネギを見守るお姉さん役?
ネギをあくまで取材対象とすることでヒロインとしてフラグは立たなかったモノの
さよちゃんとコンビを組むことでヒロインとしての優しさや魅力を見せてくれたキャラであります。
一時は本人も記事に出来ないネタばかり・・・と言っていたのも今は昔、最終的にはネギの半生を綴った本でベストセラー
更に相棒の頼れる?守護霊と一緒にジャーナリストとしてバリバリ活動しているそうです。

戦闘面では一般人なので守られがち・・・その分情報収集で活躍する正にジャーナリスト
アーティファクトも偵察用と使いやすかったので出番も確保されていました。
でも、変装術は黒歴史。使いづらかったか?


途中でさよちゃんとのコンビを推していく関係かパルと差別かする為か大人しくなったモノの元祖トラブルメイカー
多くの喜劇と大混乱を巻き起こした修学旅行キスパニック事件の主犯の一人。
夕映っちは多分殴ってもいいと思うw

ネギま!のキャラについて喋る(3)明石裕奈

ども~等々水曜にマガジンを手に取らなかったCBです。
んー改めて思うと自分が現在のマガジンの中でネギま!と言う作品をどれだけ楽しみにしていたか・・・と言うのを実感します。
エアギアも終盤だしなぁ・・・まぁ~納得は一週間たっても出来ませんがこういう時こそ彼女のように元気に行きましょう。
ゆーな
出席番号2番:明石裕奈

画像は江戸前ネギ巻き寿司様より了承を得てお借りしています。

運動部4人組のファザコン娘(爆)
麻帆良祭の活躍やお父さん関係の描写からいずれは本編に絡めるか・・・と思っていたら魔法世界編でパーティーin
しかし、結果的に活躍の度合いでは麻帆良祭がピークだったと言う(汗)
アーティファクトはネギをも追い詰める程強力なんだけど・・・
卒業後は母の跡を継ぎメガロセンブリアのエージェントに
因みに補足されなかったが流石に7年後はファザコンは卒業・・・したよね?
卒業できてなかったら色々な意味で不味いけど
とにかく連載がもっと続けばパルと並んでトラブルメーカーとして活躍できただろうに惜しい。

ネギま!のキャラについて喋る(2)相坂さよ

今日からは出席番号順に各キャラについて駄弁って行きます~
主に気になった所とか、主観に基づいてですが
と言う訳で本日は
さよ
出席番号1:相坂さよ

画像は江戸前ネギ巻き寿司様より了承を得てお借りしています。

ネギま!作中唯一の幽霊っ娘(クウネルは少し違うし)
性格も3-Aで珍しいおとなしめの性格。
・・・だったが話が進む内に乗り物乗ると性格変わる。トリガーハッピーと赤松先生がどんどん悪乗りしだすw
ただ、ソレもコレも自縛霊ゆえにずっと学園で一人ぼっちだった反動と考えると泣ける。
最終回ではなんやかんやの末に自縛霊→相棒の守護霊にランクアップ。
安易に蘇生魔法とか使わない辺りが実によい。てかネギま!で蘇生魔法事態が禁忌なのか?
あと死後の世界とかの描写もないので一般に言う霊界とかもあるのかしら?
イタコさんから貰った藁人形はさよに有効だったからシャーマンぽい職種はあるみたいだが・・・アリカの魂を口寄せとか出来ないのかな?
学園長とのなんやかんやは大分前から設定されてたのだが省かれた・・・アニメ1期を見ろというのか!

てか便利だよね『なんやかんや』

ネギま!のキャラについて喋る(1) ネギ・スプリングフィールド

え~昨日はネギま!の物語についてダラダラと述べたので、今日からは各キャラについて喋っていきたいと思います。ただ、まじめな考察とかはやりつくされてる感があるので今日からは私的見解も交えて気楽にやっていきたいな~と
んで、最初に語るのはやっぱ・・・

ネギ3
画像は江戸前ネギ巻き寿司様より了承を得てお借りしています。


3-A担任ネギスプリングフィールド

言わずと知れた主人公です。
母は魔法世界の大国の姫君?父親は世界を救った英雄。
天才肌で何事にも直向で、精神的に脆かったりトラウマ持ちだったりするのが母性本能をくすぐる。
・・・書いてて思うのが正に完璧超人を絵に描いたようなキャラだw
まぁ~ネギま!と言うのはそんな彼が3-Aの少女達と恋したり、冒険したりで 伝説の父の背中を追いながら人間的に成長する物語・・・となっている訳でです。

とりあえず彼に関して言えば『本命誰だったん?』と言うのが一番気になる所。
ネギま!本筋のEDが先日の『ネギVSナギ』なら、彼の個人のEDは多分本命への告白・・・だったのかなと
過去の惨劇から幸せになってはいけない・・・そう思ってた少年が初めて見つけた最愛の人と言うのが気になります。
千雨説とかこのせつとの一夫多妻説とか色々あるが・・・もう王族の血引いてるならフラグ立ってるの全員娶ればイインジャナイカと言ってみる(爆)

まぁ~その他にも色々と彼にまつわる謎は残されましたがやはり残念なのは終盤の展開。
上記の決着をぼかされたので明確に成長した。ネギくんは立派になった。と言えないのが・・・
フェイトに友達になろう。と言ったのは成長の証だと思うんですがね~
更に明日菜を犠牲にする。と言う選択肢を選んだ為に『最低主人公』と言われてたりも・・・
その辺が非常に残念、でも最終回の笑顔は何よりの成長の証だと思う。

とりあえず完璧超人だけど嫌味にならない成長型主人公と希少な少年だったと思います。

最後に・・・キツネギは32番目のヒロイン
キツネギ


魔法先生ネギま!の最終回

最初に言っておく!『長くなるけどゴメンなさい』




ネギま!と言う作品が終わりました。
連載開始から9年、義務教育の課程終了くらいの期間を連載されていた作品であり。
少年マガジンと言う雑誌を支えていた漫画であり、幾度もメディアミックスを展開し話題を呼んだ人気作品です。
ただ、その終わり方は現在賛否両論であり。多くの批判を生んでいます。
物語の中で語られなかった伏線の数々、結末を描かれなかったクライマックス・・・実を言うと私も正直『納得がいっていない』側の人間であります。
ただ、その『最終回』自体は決して詰らないモノでなく。長く続いた物語を〆るに足る正に大団円
最良の『結果』そのものでした。
ならば何故『納得できない』のか・・・それはやはり『過程』を『クライマックス』を描かれなかったことが一番の理由だと私は思います物語に於ける起・承・転・結の『結』ソレがキッチリ描かれなかった・・・それが悔しくて仕方がないんだと
勉強でも漫画でも『過程』と『結果』の両方が揃って初めて『完成』となると私は考えています。
過程が素晴らしくても結果を残せなければ評価はされませんし、その逆もしかりです。
そして、私がネギま!と言う作品が大好きだった理由にその『過程』が丁寧に描写されていた。というのがあったからです
クラスメイトの日常、ネギに惹かれていく描写。ネギが父を追う理由と頑張り・・・9年間しっかりと描写された『ネギと3-Aの歩んだ道』
特に『ネギとナギ』と言う親子の物語に関しては『直接対決』を残すのみとなっていたと言っていいでしょう。
2人は一度戦ってますがコレはクウネルが変身した仮のナギですし、ネギは終盤にはナギの戦友ラカンに迫るほど強くなっていました。
全てはナギに追い着きたい・・・物語当初からその一心で走り続けた少年がゴールを迎えるその瞬間!ソレを描いて欲しかった!
現在のままでは『絆が奇跡を起こした』の一言で片付けられてしまう。
確かに『どんな展開だったか』わかる材料はあります。でも、例え材料があっても『赤松健』と言う漫画家が描いてくれなければソレは『ネギま!』とは言えないんです。
更に言ってしまえば・・・二人が魔法世界編のラストで対峙したあの時、あの場で決着を付けてくれてもよかったのではないかと思ってしまうのです。
多分、この漫画で一番濃く描写されたのは『ナギとネギ』の親子の物語だったと思うんです。
絶好のチャンスがあったのに・・・この2人の決着を見たかった私としては非常に不満なんです。
決着を描き、謎の解説だけなら終了後に資料集で・・・な形でよかった。ただ、描ききって欲しかった・・・
また、ネギの本命関係は終盤になって赤松先生自身が読者に投げかけたものだったのでソレをボかしたのも(しかも、人気ヒロインを候補から外すし)・・・
その上で『告白』と言う結果が描かれなかったのも今回の批判の一因だと思います。
全ての決着を描いてくれていたら、私の中で『ネギま!』はこれからの人生、コミックス全巻を何度も読み返したくなる『名作』になったと思います。
更に贅沢を言えばクラス名簿に書き足された5ヵ月分も描描ききっての今回の最終回なら・・・『ネギま!』という漫画は『神作』だと断言出来たと思います。
なので、正直今回の〆方では『ネギま!』は面白かったがキチンと決着を描ききれなかった作品と評価せざるおえないかなと
勿論、この世界には多くの価値観をもった人がいて『終わりよければ全てよし』と今回の終了を受け止めている方もいらっしゃいます。
そういう方に『ちがう』と言うつもりもありません。
ただ、この広い世の中で幾つも想い半ばで打ち切らざるえなかった作品は星の数ほどあります。
しかし、決して万人受けする作風ではない『ネギま!』でしたが多くの人に支持されるだけの その懐の広さと魅力的なキャラクターで『ゴール』目前まで走ってきた。

それなのに・・・人気がない、赤松先生が病気etc正確なアナウンスがない以上はわかりませんが『本当に何故、今なんだろう?』と
正直9年間ありがとう。と素直に言えない自分がいます。
赤松先生、次回作頑張って!応援してますと言えない自分がいます。
どんな形でもいいので決着を描ききって欲しいと思う自分がいます。
・・・ココまで長文を書ききり、想いをぶちまけたからこそ言えます
『ネギま!は本当に面白かった。だから、だから悔しいんだ』
プロフィール

CB

Author:CB
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
771位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
166位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。